×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンの事前審査が通っても本審査で落ることもあります

事前審査はほんの上辺だけの調査ですが本審査はかなりディープな調査を行います

TOP PAGE
ローンを組みたい
ブラックの消し方?
任意整理後のローン
個人信用情報
自己資金ゼロで購入
事前が通り本審査でNG
LINKS

事前審査に通って本審査で落とされることは有ります

住宅ローンの事前審査の方法は金融機関によってまちまちです。 貴方に延滞等の履歴があっても住宅ローンの事前審査にパスしてしまうことはしばしば有ります。 事前審査は簡易審査です。

過去に返済の延滞をした金融機関が加盟している【個人信用情報機関】と、住宅ローンを申し込んだ銀行が加盟している『個人信用情報機関』が全く関係無い組織 である場合に起こると考えられます。

例えば、返済の延滞がクレジットカード等ですと、加盟している『個人信用情報機関』がCCBとテラネットだけということも考えられます。 そして、住宅ローンを申し込んだ 銀行が加盟している『個人信用情報機関』は、全国銀行個人信用情報センターという場合には、クレジットカードの延滞履歴を把握できません。

そして事前審査を銀行だけで行えば「事前審査OK」となる可能性が十分にあり得ます。 そして、それが本審査になると、その銀行が利用する『保証会社』の保証審査 関わってきて、保証会社が加盟している『個人信用情報機関』はCICとCCBという場合は、CCBの方から延滞履歴が把握できてしますので、保証審査で却下となります。  結果、ローンを保証会社に保証してもらえないので住宅ローンもNGというパターンが考えられます。

銀行では、住宅ローンを断る際の理由は絶対に教えてくれません。 融資を断る理由を絶対に教えないのは、その部分を訂正してまた申請してくるからと言われて おります。

先ずは、個人信用情報機関へご本人が連絡をして貴方のクレジットヒストリを確認しましょう。
あなたの個人情報にかんして個人情報信用機関以外へ質問をするのは無意味ですのでお止めください。 質問をされた方は大変な迷惑だとおもっている でしょう。


 

 

Copyright 2008 - Medamakikaku - All rights reserved.